have a wonderful day

SACHIKOのイラストブログ ~イラストで素敵な一日を☆彡~

絵本「よぞらとほしとくま」1~5

よぞらとほしとくま

f:id:a88122567:20170204093829j:plain

1~5

f:id:a88122567:20170203000838j:plain

いつもより星がキラキラと

輝いている夜。

 

おなかをすかせたくまさんは

釣りをしていましたが、

すっかり日がくれてしまいました。

 

さびしそうにパチパチと

音をひびかせるたき火。

かすかな風の音と、

草むらがざわざわとゆれる音が、

この夜をよりいっそう

静かにさせました。

 

くまさんはだんだん

心細くなってきました。 

 

 「どうしよう、もう帰ろうかな。

でも今日はなにもつれてないなぁ。」

  

f:id:a88122567:20170203000851j:plain

くまさんがもうおうちに帰ろうかと

迷っていると、

とてもきれいな色をした一匹の鳥が、

どこからかやってきました。

 

 鳥は、なぜかくまさんのそばを

はなれようとしません。

 

「どうしてぼくのそばにいるのかな?」

 

くまさんはせっかくだから、

鳥にお話を聞いてもらいながら、

なにかが釣れるのを

待つことにしました。

 

「あのね、ぼくの話を

聞いてくれないかい?

ぼくは自分があんまり

好きじゃないんだ。

みんなみたいに足もはやくないし、

カッコよくもない。

ともだちも少ないし、

釣りだってへたくそなんだ。

それに今日もなにも釣れない。

ぼくってどうして

こんなにダメなのかなぁ?」

 

くまさんがいくら話をしても、鳥はただ

にっこりとしているだけでした。

しかし、くまさんはそのえがおを見て

ホッと安心しました。 

 

f:id:a88122567:20170203000906j:plain

そうしてしばらくお話ししていると、

とつぜん釣り糸がピンとはって

重くなりました。

水面はふしぎに光りだしました。

 

キラキラと輝く藍色の水面が、

くまさんにはまるで

宇宙のように見えました。

 

のぞきこんで見ると、

なにかがゆらめいています。

 

 「あの光はいったいなんだろう!?」

 

f:id:a88122567:20170203000916j:plain

重くしなった釣りざおを引っ張ると、

あらわれたのはなんと

まばゆいばかりに輝く星でした。

そばにあるたき火のあかりが

いらないくらい、

明るく光っていました。

釣りあげた時の水しぶきが

きらきらしています。

 

「ねぇ!星だ!星が釣れたよ!!」

 

くまさんはとてもおどろきました。

そんなこと、一度だってないし、

聞いたこともありません。

 

f:id:a88122567:20170203000928j:plain

くまさんはつりあげたその星を、

まん丸のひとみにうつしました。

あまりに美しかったので、

しばらく目をはなせませんでした。

 

 そしてあまりにふしぎな

できごとだったので、

くまさんのしんぞうはどきどき、

大きな音をたてました。

心がとてもわくわくしました。

 

その星をながめて

くまさんは考えました。

 

「どうしてここで星が釣れたんだろう。

きっと、空に住んでいるだれかが

落としたにちがいない。」

 

くまさんはその星を、

どうにかして持ちぬしに

返してあげたいと思いました。

 

f:id:a88122567:20170204094337j:plain

つづく

    

★つづきの6~10はこちらです。

have-a-wonderful-day.hatenablog.jp

 

ご覧くださり、ありがとうございました(*^^*)